青森県弘前市・「しまや」のカウンター席が好きで好きでたまらない理由。

   2016/04/30

Pocket
LINEで送る

しまや-01
青森県内各地で次々と開花宣言が出て、いよいよ満開に向かってのラストスパート。さすばに、寒の戻りがあったとしても、こんな感じに町を雪が覆うことはないでしょう。

しまや-02
そういえば、3ヶ月半ほど前に暖簾をくぐったしまやの入口も、白く覆われていました。

しまや-03
いつものようにカウンター席に座れば、おかずがたっぷり盛られた琺瑯の角バットが並ぶ絶景が広がります。
その先にある手書きのおすすめメニューを追っていると、ボトルキープの棚に猫村さんの姿が。
作者の方が取材で訪れた際に、書いてもらったものなんだそうです。

しまや-04
いつもの身欠きにしんの煮付けに棒鱈煮。イカは酢味噌和え。
「身欠きにしんの煮付けなんて簡単よ。煮るだけなんだから」なんて、おかみさんは言うのですが、この歯ざわりと味の染み加減は、毎日のように鍋と向き合ってないと作れない至味だと思うんです。

しまや-05
お次は、青森魚卵界の中心選手・真鱈子の塩辛に助子の煮付け。そして、温泉もやしの炒めものとツブ貝と凍み豆腐の煮付け。
プチプチ、むにゅむにゅ、シャキシャキ、とろり…食感を楽しみながら、にじみ出る味を堪能する。津軽の冬のごちそうの揃い踏みに、お酒の力もあって顔がほころびっぱなしです。

しまや-06
造ってもらったマグロの赤身。ねっとりと舌に滑らかに絡めば、じんわりと酸味が舌に広がります。

しまや-07
そして、締めは津軽そば。口元に箸で運べばフツフツした独特の食感。箸越しに手も大喜びです。
海苔とネギの香りを浴びながらグイっとお出汁を飲み干せば、小さく「はぁ〜」と声が出てしまうのは、地域の生活が溶け込んだ温かさだからこそ。

考えてみればここ数年、弘前で夕食を食べるとなれば決まってこのお店。
どうしてなんだろうと考えてみれば、四季折々の新鮮な食材が一番おいしい方法で食べられて、この地に根付いた方法で保存された食材に、ひと手間加えられて目の前に現れる。
エプロン姿でいつもやさしく料理のことを教えてくれる女将さんがいて、他のお客さんともほどよく打ち解けることができる。

割と人見知りな自分にとって、ただの美味しいじゃなくて心が通い合った美味しいがある。だからなんだろうと。

しまや-08
花見になればトゲクリガニの季節。もうすぐ、暖簾をくぐりに行きます。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家
全国各地の伝承料理を中心とした、食材・食文化の魅力を伝えるコンテンツ制作や商品開発を通じて、人と地域の関係を深める食卓づくりをデザインしています。ウェブサイト「ホットサンドカフェ バウルー」「貝の王国 隠岐の島」や「百年食堂」も運営中。著作は「男と女のホットサンド」(フードユニット『やくみ』名義共著・グラフィック社)。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly