青森県青森市・「王味」から「味の札幌 大西」に流れる中華のハシゴ。

   2016/08/31

Pocket
LINEで送る

王味-01
青森市を訪れたなら、やっぱり立ち寄りたくなる黄色い看板。
木製の戸の先、年季の入った厨房に立ち込める炒め油とニンニクの香り、身体に染みる残り香なんて気にすることなく、いざ餃子を食べんとするのです。

王味-02
餃子は一人1.5皿ぐらいがあたりまえ。角切りニンニクの入ったタレに絡めて頬張れば、カリカリの焼き面と油でつやつやになった皮の食感に心は弾み、ニンニクたっぷりの餡から放たれる、鼻孔を5周ぐらい周回しそうな香りに「これこれ!」と大満足。

この餃子の何がたまらないかといえば、一種の禁じられた料理を食べている感覚に尽きると思うんです。餃子を食べ飽きないというよりも香りを浴び足りない。そんな感じです。

王味-03
もちろんレバニラも欠かせません。クセのない肉のエキスと胡椒の効いた軽快な歯ざわりは、今日もシャキシャキと期待を裏切りません。

王味-04
そして、しっとり系のチャーハンも。三角関係という言葉はあまりいい意味で使われないものですが、この三品が織りなす関係を崩すことはできません。

味の札幌大西-05
で、ふと久しぶりに味噌カレー牛乳ラーメンが恋しくなったので、味の札幌 大西へ。

ニンニクの残り香と共に浴びるカレースパイスの香り。別腹スイッチをオンにして思うがままに麺を啜れば、昭和の時代にこの組み合わせを考えた学生さんに感謝するしかありません。

やっぱり、青森市に来たならば夜の中華ハシゴで決まりです!

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家
全国各地の伝承料理を中心とした、食材・食文化の魅力を伝えるコンテンツ制作や商品開発を通じて、人と地域の関係を深める食卓づくりをデザインしています。ウェブサイト「ホットサンドカフェ バウルー」「貝の王国 隠岐の島」や「百年食堂」も運営中。著作は「男と女のホットサンド」(フードユニット『やくみ』名義共著・グラフィック社)。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly