大手町・ポケモンツリーとイルミネーション

 

Pocket
LINEで送る

公務員を退職してフリーランスになって2年近く。色々なお仕事に携わらせていただいてるうちに、気がつけばもう年の瀬です。

そんな自分が足を運んだのは大手町。年明けには箱根路を駆け抜ける選手たちのスタート・ゴール地点となる読売新聞社。
2016年のクリスマスを彩らんと、その正面に姿を現したのはポケモンツリーでした。

ピカチュウパイセンを中心に、最新作のサン・ムーンに登場するモンスターで埋め尽くされたツリーは高さ約6メートル。
立錐の余地なく、ぎっしりとポケモンのぬいぐるみでデコレーションされて、とにかく…かわいいんです。
一周回れば何周もしたくなるこの魔力。たぶんポケモンの巣ってこんな感じです。

で、その足で向かったのは丸の内のイルミネーション。

約250本の街路樹を彩る眩い灯りに包まれた丸の内中通り。少し上を向きながら歩いていると時間を忘れてしまいます。

未来への灯りが真っ直ぐ伸びる道のように、来年も真っ直ぐな仕事ができればと願うばかりです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家
全国各地の伝承料理を中心とした、食材・食文化の魅力を伝えるコンテンツ制作や商品開発を通じて、人と地域の関係を深める食卓づくりをデザインしています。ウェブサイト「ホットサンドカフェ バウルー」「貝の王国 隠岐の島」や「百年食堂」も運営中。著作は「男と女のホットサンド」(フードユニット『やくみ』名義共著・グラフィック社)。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly