青森 中華料理/その他中華系料理 よるどき

青森県青森市・王味 今まで、やきそばとモツ炒めを食べてなかったことを反省しております…

投稿日:29/12/2016 更新日:

王味-01

青森市の大衆中華料理店の雄・王味(わんみ)。

名物のニンニクたっぷりの餃子は、4人で訪れれば一度に6〜7枚ぐらいの注文がスタンダード。焼き油で滑らかにコーティングされた皮に閉じ込められた、香りのパンチが効いた餡を頬張っているうちに、箸は次の餃子に伸びているのが当たり前。

あとは、ここに何枚追加していくか、タレに入ったニンニクのかけらを何粒食べるか。餃子を食べるというよりも、王味の空間を楽しむ上で欠かせない一品です。

そんな主役と共に注文する料理にも色々ありますが、この日ご一緒いただいたベテランのワンミストがふと発した一言。

「ここの焼きそばとモツいため、食べたことある?」

確かにいつもは餃子とチャーハン、あとはレバニラというマイ御三家ばかり。そういえば、焼きそばを食べた記憶がなかったなぁ…と。そうなれば…注文するしかありません。

王味-02

どん!と運ばれてきた野菜たっぷりの焼きそば。一口食べて驚きだったのが麺の存在感!

箸越しに伝わってくるムチのようにしなやかな弾力、舌の上を滑らかに駆け抜けつつ心地よく広がるモチモチ感。キャベツ、もやし、ニンジン、ニラといったシャキシャキ野菜の瑞々しさと共に、歯が万歳三唱する食べごたえが押し寄せます。

焼きそば専門店が多い青森市ですが、これは中華料理店だからこその強火が効いた一品です。

王味-03

そしてモツ炒めはピーマンと玉ねぎの中に、プリンと輝くモツがたっぷり。シャキシャキ野菜とクニュっとしたモツの噛み心地の共演を、唐辛子とコショウの刺激が彩るおいしさです。

食べ終えてから壁に掲げられたメニューを見ると、未食のメニューがまだまだ盛りだくさん。来年も青森に行ったら座敷席に座らねば…と決意新たにさせてくれました。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-青森, 中華料理/その他中華系料理, よるどき

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.